HOME





特長

●べと病抵抗性の秋・春どり早生種
生育の旺盛な早生品種で秋~年内どりおよび春どりの栽培に最適する。
厳寒期は株張りよくじっくり生育し多収となる。
べと病レース 1~12、14~15に抵抗性をもつ。

●葉柄が太く、株張りのよい多収種
葉柄が太くなるため株張りがよく、葉肉も厚く重量があり、
収量性にすぐれる。

●収穫 ・調製作業が容易
草姿立性で、葉柄はしなやかで折れにくい。
収穫 ・調製作業時の葉折れが少なく、結束 ・袋詰め作業が容易。

●播種期幅が広く、栽培しやすい
伸長性と晩抽性のバランスがよく、
秋~春まきが可能で播種期幅が広い。
また、生育は旺盛で土質もあまり選ばないため、栽培しやすい。

栽培の要点

●発芽をそろえる
発芽するまで適宜潅水を行い、乾燥や過湿を避け、適湿を保つ。
低温期の播種では、ビニールトンネルや不織布の
ベタがけなどを行い、地温を確保し、発芽を促進させる。

●厳寒期は被覆資材を活用
厳寒期は生育が鈍るため、トンネルや不織布など被覆資材を
活用し、生育の促進に努める。

●べと病対策
ホウレンソウのべと病はレース分化が起こりやすく、
抵抗性品種といえども登録農薬による予防散布や
耕種的防除を心掛け、総合的なべと病対策を実施する。




蒔き時期をご確認下さい。








Slider

Slider

プロジェクト動画紹介
Play
Play
Play
Play
Slider